体外授精 確率

体外授精の確率について記しています

体外授精(体外受精)の確率014
HOME

体外受精による不妊治療を成功させるために



体外受精による不妊治療を成功させるためにポイント

体内での受精が困難だと考えられる場合に体外受精による不妊治療が行われます。

排卵前に体内から取り出した卵子と精子を体外で受精させるというもので、一般的に行われているのは胚移植で、そのほかに配偶子卵管内移植や卵細胞室内精子注入法、凍結肺移植などの方法があります。

受精が成立して、細胞分裂によって育った質の良い胚を移植すると、妊娠率が高くなることから、一般的には2日から5日間体外で培養された後に、質の良い胚を選別して子宮内へと移植する方法がとられます。

そして、排卵誘発には、自然周期、ロング法、ショート法などの方法がありますが、その人の卵巣や体の状態に合わせて、最も適した方法が選ばれます。

体外受精を受ける対象となるのは、これまでにタイミング法などの不妊治療を何度行っても妊娠しなかった人、高齢の女性、欄干が閉塞している人、子宮内膜症の人、免疫系に原因のある不妊の人などのほかに、乏精子症や精子無力症など、男性側の精子に問題がある場合なども含まれます。


日本で体外受精を受ける場合には50万円前後が平均費用だと言われており、大学病院で治療を受ける場合は比較的費用も安く抑えられるようですが、不妊治療専門の医療機関の場合は、一度の体外受精を受けただけで100万会陰以上の費用が掛かることも珍しくないようです。

各自治体には不妊の治療のための助成金制度がありますが、対象者や期間などの条件が自治体によって異なるので、治療の前に確認する必要があります。


体外受精による不妊治療を成功させるためにもっとも大切なポイントは、質の良い卵子や精子を育てることができるか、質の良い肺に育てられるか、着床しやすい子宮に移植できるかということです。

これらのポイントがクリアできれば妊娠出産への確率が大幅に高まります。


赤ちゃんを望んでいるのになかなか恵まれない人が不妊治療を受けても、なかなか成功しない場合、卵子や精子の質が深く関係していることが多く、質を向上させるためには生活習慣の見直しも必要です。

夜更かししたり食事の栄養バランスが悪い、運動不足などの生活が続けば、卵巣や精巣の機能低下を招くことにつながる可能性が高まります。


卵子と精子には細胞器官であるミトコンドリアが存在し、それぞれが活動するためのエネルギーを波及してくれる役割を担うのですが、ミトコンドリアが弱っていると、卵子や精子も弱くなってしまい、質の低下を招くことになります。

卵子や精子の質を高めるためにはミトコンドリアを元気にさせることが最も大切なのですが、そのためには規則正しい生活や適度な運動、バランスの良い食生活を心がけることはとても重要です。



体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、

メニュー




ページの先頭へ

© 2015 体外授精(体外受精)の確率014 All Rights Reserved.